teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


新緑新たなり

 投稿者:とん平  投稿日:2017年 5月13日(土)15時14分48秒
  今朝ラジオで俳句の選評を聴いていたら季語が若楓「わかかえで」でした。カエデを漠然とモミジと思って
いたのでネットで確かめました。

カエデを木偏に風であるのを今更ながら知って古人の叡智に改めて感心しました。風に揺れるモミジの
若葉、、、、。初夏の爽やかさをイメージします。

「徒然草」の兼好さんも紹介されています。「卯月ばかりの若楓、すべてよろずの花紅葉にまさりて、めで
たきものなり」「第三百九十段」

また面白いのは「カエデ」名称の由来として、カエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれそれが
転訛したものと言われているそうです。こんどあらためて葉を見たいと思います。

昔、たしか昭和二十年代の終わり頃に新聞小説に「新緑新たなり」というのがありました。作家の名前
は忘れましたが、戦後の荒廃からやっと立ち直りかけて新しい希望を持ちはじめたこの国の人々の
気分を表していて良い題名だと思ったのを憶えています。

なにかしら不安ばかりの昨今ですが、せめて若葉の爽やかさを満喫したいです。
 
 

春愁

 投稿者:とん平  投稿日:2017年 4月 6日(木)12時20分20秒
  メデイアは詩人の大岡信の訃報を伝えていました。

詩心を解さぬこの身に万葉集和歌俳句やいろいろな分野の詩を教えてくれたのが、大岡信が朝日新聞に二十九年間六七六二回連載した「折々のうた」でした。全集になったのを求めて折々愛読しています。言葉によって
この世の美しいものに目をひらかれ慰められます。

大岡信の長男で作家の大岡玲は大岡信は西行の「願わくは花の下にて春死なんそのきさらぎの望月の頃」
好きでそのとうり花の季節で亡くなったと言っていたと報じられています。

作家や詩人芸術家など好きな人の訃報はなにか淋しい気持ちに落ち込みます。桜が咲きはじめていると
いうのに。。。。。。
 

未だでした

 投稿者:とん平  投稿日:2017年 4月 6日(木)00時55分56秒
  昼間桜を見に出かけましたが、予想に反して満開ではありませんでした。樹によってはほとんどつぼみの

ままのもありました。 そのかわり人出は満開。。。。みんなほんとうに桜が好きなのですね。

今夜は雨が降るという予報ですが、花は大丈夫でしょうか。
 

やっと咲いた

 投稿者:とん平  投稿日:2017年 4月 5日(水)12時28分26秒
  昨日今日の暖かさでやっと桜が咲きはじめました。

清水ヶ丘公園のピンク色の濃い桜は「ヨコハマヒザクラ」と書いた札がかけられていました。体育館まえ

の花壇は菜の花の黄色で明るく、その端の数本の桜も三分咲きぐらいでした。

西日本各地の開花も報じられています。やっと春も本格的になりました。しばらくは桜を楽しみましょう。
 

まだ咲かない

 投稿者:とん平  投稿日:2017年 4月 2日(日)22時18分53秒
  テレビが東京の桜が満開と報じているので大岡川まで出てみましたが、橋から見る両岸は暗い枝影の羅列でした。幹の細い若木が一二本やや濃いピンクの花を咲かせていました。札にはジンダイアケボノとありました。

ほとんどのソメイヨシノは近くで見て二分咲きぐらいでしょうか、それでも散歩道は散策の人々で賑わって
屋台で酒盛りのグループもありました。

寒い日がつずいているためか西日本の開花は例年になく遅いとそうですが、、満開はあと数日なのでしょうか、今年は例年になく桜が待たれます。

今年もまた、
        世の中にたえてさくらのなかりせば 春の心はのどけからまし  古今集

ほんとうに咲くまで落ち着かない気持ちです。



 

花よ咲け咲け

 投稿者:とん平  投稿日:2017年 3月28日(火)14時59分25秒
  大岡川沿いのプロムナードではまだ桜はほとんどつぼみなのに、はや屋台が並び散策の人で賑わいはじめています。先週のテレビは上野公園で花のない桜木の下のブルーシートで酒盛りに興じる人々を報じていました。
まこと日本人のDNAには桜への愛が深く刷り込まれているのですね。


あれはなんという桜なのでしょうか、濃いピンクですでに満開なのがあります。これはソメイヨシノなど
他の桜が散ったあとも散らずにかなり永く咲いています。河津桜という人もありますがそれよりもピンク色が濃い気がします。清水ヶ丘公園のプールサイドに一本ありいつまでも目と他の楽しませてくれます。

この数日寒いので満開は週末になるのでしょうか、楽しみです。



 

世の中は何か常なる

 投稿者:とん平  投稿日:2017年 2月13日(月)01時17分24秒
  世の中は常に変わっている、不変などなにもない、今日在ったものも明日もあるとは限らない。吾が身とて
例外ではない。

   世の中は何か常なるあすか川 昨日の淵ぞ今日は瀬となる  古今集

でも人は何故かその変化をあまり思わない。当然ながら変わってから気つ”くのです。在ったものが
無くなってはじめて無常を思ひ愛惜します。無くなるかわりに来る新しいものへの喜びは予想できない。

いやでも花は散り月は曇り日は沈む。ゆく川の流れはたえない、諸行無常、でも美しいものは消えて
ほしくない。

「徒然草」の兼好は「世は定めなきこそいみじけれ」と言い「花はさかりに、月はくまさきをのみ
見るものかは。雨にむかひて月を恋ひ、たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあわれに情け深し。」と
変化することに美を見い出しているようです。仏教的無常観とでも言うのでしょうか、でも散りゆく花には惜しまずにはいられません。

まだ寒い日が續きますが、花の季節がもうすぐでこんなことを考えています。



 

惜しからざりし、、、、

 投稿者:とん平  投稿日:2017年 2月 4日(土)14時25分4秒
  己の余命について思わない日はないこの頃ですが、たまたま開いた百人一首の本で目にとまった歌がありま
した。

  君がため惜しからざりし命さへ ながくもがなと思ひけるかな  藤原義孝

言うまでもなく恋歌で今まで気にもしなかった命があなたを知ってから急に惜しくなって、少しでも
永く生きていたいという意味なのでしょうが、死ぬことは怖いと思ったことはないのですが、思ひを寄せた
人々と別れなければならないのが、途方もなく寂しい気がします。あの世へいったら好きな人々とハッグすることはおろか話すこともできなくなるなんて、思っただけでも深い寂寥感に襲われます。

ですから少しでも永く生きて心かよわせた人々と交わっていたいなどと、煩悩はかぎりもないのですね。

藤原義孝について「大鏡」は「かの後大将は御かたちいとめでたくおはし、としごろきはめたる道心者にぞ
おはしける」とあり美男子で熱心な仏教信者でしたが、満二十一歳で没したとあり、「佳人薄命」とは
このことか、それにしかえ、この歳になってもまだ命が惜しいなどと言っている当方は一体「何人」
なのでしょう!!


 

新しい年に

 投稿者:とん平  投稿日:2017年 1月 8日(日)16時42分51秒
  やや遅まきながらあけましておめでとうございます。

じつは年末にカゼを引いてしまい、松の内はほとんど寝ていましたが、どうにか快方に向かっているよう
です。

本年も皆様にとってよい年でありますようにお祈りいたします。

よろしくお願い致します。
 

おおつごもりに

 投稿者:とん平  投稿日:2016年12月31日(土)18時47分15秒
  平成28年もあと数時間でさよならです。

ご来店のお客様誠に有難うございました。また本欄にご投稿くださった方々及びご覧下さった方々本当に
有難うございました。

皆さまにとって新しい年も幸多い年でありますようお祈りいたします。

良いお年をお迎えください。
 

レンタル掲示板
/43