teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


わあ

 投稿者:ぽぽな  投稿日:2011年12月17日(土)09時00分1秒
  楽しそうですね。次の機会にぜひ混ぜてください。  
 

祝!満尾!

 投稿者:苑をメール  投稿日:2011年12月 3日(土)08時23分15秒
編集済
  どうだ!っていう面白い句がたくさんありましたね。
人が違えば雰囲気も違うものだなァと楽しませていただきました。

連衆のみなさま、有難うございました。
お捌き、お疲れ様。

 

祝・満尾!

 投稿者:ゆかり  投稿日:2011年12月 2日(金)22時33分18秒
  お世話になりました。それにしても、ずいぶん天気さんには無茶ぶりをされたような…。

山寺へ性の奥義を教はりに       気

とか

アヌスはちよつと洒落た言ひ方    気

とか

いふなればリレーの補欠的な人     気

とか…。








 

祝!満尾!

 投稿者:らくだ  投稿日:2011年12月 2日(金)15時51分9秒
  満尾、おめでとうございます。
天気さん、捌き役お疲れ様でした。
道中だいぶご面倒かけました。

発句と脇の完成度というか、雰囲気からもハードルが高かったんですが、

   天窓を虹はみ出して絡まつて      恵
    逢瀬のたびに渡る吊り橋       篠
   山寺へ性の奥義を教はりに       気
    蛸入道の口も八丁          り

恋句は苦手なのでこういう流れに惚れ惚れしてしまいます。
そこからスーパーマンが出てくるのもまたスゴイんですが。
ジプシーからの流れも「はぁ~」とため息つきながら見ておりました。

みなさま、ありがとうございました。
またぜひ遊んでください。
 

あ、満尾!

 投稿者:  投稿日:2011年12月 2日(金)12時54分45秒
  「青空」満尾おめでとうございます。
とても楽しかったです。
久し振りにこの掲示板で連句を巻いて、連句を始めたころのことを
なんとなく思い出したりしました。
最後の花の座から挙句の晴れやかさと広がりで、
発句の空を救っていただきました。
天気さん、お捌きお疲れさまでした。
みなさん、ありがとうございました。

   ウェディングドレスはなんと森英恵   だ
    バルセロナへと向かふ秋蝶      恵
   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り
    生まれるたびに違ふ水紋       恵
   小礫にカンブリア紀を眠らせて     を

個人的には、このあたりの展開がことに好きです。
 

祝・満尾!

 投稿者:  投稿日:2011年12月 2日(金)02時30分7秒
  満尾おめでとうございます!
連衆の皆様、ありがとうございました。楽しかったです。
天気さん、お捌きお疲れ様でした。
かなりてこずらせてしまい、お世話をかけました。

初めの地の果てから天空のE.T.の影への展開、ダイナミックで結構好きでした。
お終い付近のバルセロナ→ジプシー→格差の穏やかな流れ、そこから指の出汁への展開、ここも面白かったです。その後の付け句にかなり悩みましたが(汗)
最後のらくださんの花の座、もう晴れやかで晴れやかで、何度読んでも気持ちがよかったです。
また機会がありましたら、のこのこと参加させていただきたく。
 

満尾

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月30日(水)22時50分19秒
  恵さん。ありがとうございます。

満尾です。

   青空を怖いとおもふ花野かな      篠
    あふむきのまま澄める日月     天気
   自転車で行く地の果てに秋果てて  ゆかり
    今宵のあれはE.T.の影      苑を
   着信の音に栗の実とり落し      痾窮
    四本の手が鍵盤の上       らくだ
ウ  天窓を虹はみ出して絡まつて      恵
    逢瀬のたびに渡る吊り橋       篠
   山寺へ性の奥義を教はりに       気
    蛸入道の口も八丁          り
   弾丸よりも早く走つてどこへ行く    を
    父母ゐますクリプトンまで      窮
   訛つてもええやないかと冬の月     だ
    みかん輪切りの仕出し弁当      恵
   サイコロを振る一の目を願ひつつ    篠
    アヌスはちよつと洒落た言ひ方    気
   花万朶散らさぬやうに喇叭吹く     り
        労働祭の原宿の朝          を
ナオ 春眠の我が身を過ぎる砂嵐       窮
    駱駝の揺れにやうやく慣れて     だ
   現場から凶器の南部風鈴が       恵
    中継車には冷房もなく        篠
   いふなればリレーの補欠的な人     気
    エントロピーのありありと見え    り
      ほろ苦き我が家秘伝の熱冷まし     を
    蒲団の襞をなぞる後朝        窮
   ウェディングドレスはなんと森英恵   だ
    バルセロナへと向かふ秋蝶      恵
   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り
    生まれるたびに違ふ水紋       恵
   小礫にカンブリア紀を眠らせて     を
    学芸員は閂を抜く          篠
      シャンパンのグラス掲ぐる花の宴    だ
    春の空へと教会の鐘         恵

起首 2011年 9月26日(月)18時33分8秒
満尾 2011年11月28日(月)15時26分15秒
 

むむむ青空36

 投稿者:  投稿日:2011年11月28日(月)15時26分15秒
     小礫にカンブリア紀を眠らせて     を
    学芸員は閂を抜く          篠
      シャンパンのグラス掲ぐる花の宴    だ

    春の空へと教会の鐘         恵

ではぶちぶちしないように。。。
ええーと、ここで素人さんからの質問です。
発句に「青空」がありますが、挙句に「空」使ってもいいんですか?それとも避けた方が?
 

ええっと

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月28日(月)10時45分26秒
  ちょっと、ブチブチした感じ。
(助詞の省略のせいでしょうか)

すっ、とした感じがよろしいです。
 

今度こそ青空36

 投稿者:  投稿日:2011年11月27日(日)00時31分5秒
  そそっ、そうでしたか。では分厚い春の歳時記をめくりまして。

ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り
    生まれるたびに違ふ水紋       恵
   小礫にカンブリア紀を眠らせて     を
    学芸員は閂を抜く          篠
      シャンパンのグラス掲ぐる花の宴    だ

    教会の鐘響き春昼          恵

これで三春に。お捌きください。
 

あ、すみません

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月26日(土)23時58分26秒
  言い忘れましたが、春(三春or晩春)の短句でお願いします。  

青空36

 投稿者:  投稿日:2011年11月26日(土)18時06分5秒
編集済
     青空を怖いとおもふ花野かな      篠
    あふむきのまま澄める日月     天気
   自転車で行く地の果てに秋果てて  ゆかり
    今宵のあれはE.T.の影      苑を
   着信の音に栗の実とり落し      痾窮
    四本の手が鍵盤の上       らくだ
ウ  天窓を虹はみ出して絡まつて      恵
    逢瀬のたびに渡る吊り橋       篠
   山寺へ性の奥義を教はりに       気
    蛸入道の口も八丁          り
   弾丸よりも早く走つてどこへ行く    を
    父母ゐますクリプトンまで      窮
   訛つてもええやないかと冬の月     だ
    みかん輪切りの仕出し弁当      恵
   サイコロを振る一の目を願ひつつ    篠
    アヌスはちよつと洒落た言ひ方    気
   花万朶散らさぬやうに喇叭吹く     り
        労働祭の原宿の朝          を
ナオ 春眠の我が身を過ぎる砂嵐       窮
    駱駝の揺れにやうやく慣れて     だ
   現場から凶器の南部風鈴が       恵
    中継車には冷房もなく        篠
   いふなればリレーの補欠的な人     気
    エントロピーのありありと見え    り
      ほろ苦き我が家秘伝の熱冷まし     を
    蒲団の襞をなぞる後朝        窮
   ウェディングドレスはなんと森英恵   だ
    バルセロナへと向かふ秋蝶      恵
   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り
    生まれるたびに違ふ水紋       恵
   小礫にカンブリア紀を眠らせて     を
    学芸員は閂を抜く          篠
      シャンパンのグラス掲ぐる花の宴    だ

    透明な音天へと届く         恵

ああー、これまた責任重大なところを。。。
捌かれる前にちょちょいと手直しを
いかがでしょうか。お捌きください。
 

らくださん、どうもです

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月26日(土)09時57分12秒
  抜く、といえば、シャンパン。

よろしいんじゃないでしょうか。めでたい花の座です。

挙句は、恵さん、お願いいたします。
 

青空35

 投稿者:らくだ  投稿日:2011年11月26日(土)01時37分32秒
     青空を怖いとおもふ花野かな      篠
    あふむきのまま澄める日月     天気
   自転車で行く地の果てに秋果てて  ゆかり
    今宵のあれはE.T.の影      苑を
   着信の音に栗の実とり落し      痾窮
    四本の手が鍵盤の上       らくだ
ウ  天窓を虹はみ出して絡まつて      恵
    逢瀬のたびに渡る吊り橋       篠
   山寺へ性の奥義を教はりに       気
    蛸入道の口も八丁          り
   弾丸よりも早く走つてどこへ行く    を
    父母ゐますクリプトンまで      窮
   訛つてもええやないかと冬の月     だ
    みかん輪切りの仕出し弁当      恵
   サイコロを振る一の目を願ひつつ    篠
    アヌスはちよつと洒落た言ひ方    気
   花万朶散らさぬやうに喇叭吹く     り
        労働祭の原宿の朝          を
ナオ 春眠の我が身を過ぎる砂嵐       窮
    駱駝の揺れにやうやく慣れて     だ
   現場から凶器の南部風鈴が       恵
    中継車には冷房もなく        篠
   いふなればリレーの補欠的な人     気
    エントロピーのありありと見え    り
      ほろ苦き我が家秘伝の熱冷まし     を
    蒲団の襞をなぞる後朝        窮
   ウェディングドレスはなんと森英恵   だ
    バルセロナへと向かふ秋蝶      恵
   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り
    生まれるたびに違ふ水紋       恵
   小礫にカンブリア紀を眠らせて     を
    学芸員は閂を抜く          篠
      シャンパンのグラス掲ぐる花の宴    だ

お捌きください。
 

篠さん、どうもです

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月24日(木)17時15分17秒
  いよいよ大団円が近づいてきました。

らくださん、春・花の座をお願いいたします。
 

青空34

 投稿者:  投稿日:2011年11月24日(木)13時11分12秒
編集済
     青空を怖いとおもふ花野かな      篠
    あふむきのまま澄める日月     天気
   自転車で行く地の果てに秋果てて  ゆかり
    今宵のあれはE.T.の影      苑を
   着信の音に栗の実とり落し      痾窮
    四本の手が鍵盤の上       らくだ
ウ  天窓を虹はみ出して絡まつて      恵
    逢瀬のたびに渡る吊り橋       篠
   山寺へ性の奥義を教はりに       気
    蛸入道の口も八丁          り
   弾丸よりも早く走つてどこへ行く    を
    父母ゐますクリプトンまで      窮
   訛つてもええやないかと冬の月     だ
    みかん輪切りの仕出し弁当      恵
   サイコロを振る一の目を願ひつつ    篠
    アヌスはちよつと洒落た言ひ方    気
   花万朶散らさぬやうに喇叭吹く     り
        労働祭の原宿の朝          を
ナオ 春眠の我が身を過ぎる砂嵐       窮
    駱駝の揺れにやうやく慣れて     だ
   現場から凶器の南部風鈴が       恵
    中継車には冷房もなく        篠
   いふなればリレーの補欠的な人     気
    エントロピーのありありと見え    り
      ほろ苦き我が家秘伝の熱冷まし     を
    蒲団の襞をなぞる後朝        窮
   ウェディングドレスはなんと森英恵   だ
    バルセロナへと向かふ秋蝶      恵
   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り
    生まれるたびに違ふ水紋       恵
   小礫にカンブリア紀を眠らせて     を
    学芸員は閂を抜く          篠

遅くなりました。
もう自分の手番はすべて終わったものと勘違いしました(^^;)
お捌き下さい。
 

青空33

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月22日(火)12時21分10秒
  苑をさん、どうもです。

   青空を怖いとおもふ花野かな      篠
    あふむきのまま澄める日月     天気
   自転車で行く地の果てに秋果てて  ゆかり
    今宵のあれはE.T.の影      苑を
   着信の音に栗の実とり落し      痾窮
    四本の手が鍵盤の上       らくだ
ウ  天窓を虹はみ出して絡まつて      恵
    逢瀬のたびに渡る吊り橋       篠
   山寺へ性の奥義を教はりに       気
    蛸入道の口も八丁          り
   弾丸よりも早く走つてどこへ行く    を
    父母ゐますクリプトンまで      窮
   訛つてもええやないかと冬の月     だ
    みかん輪切りの仕出し弁当      恵
   サイコロを振る一の目を願ひつつ    篠
    アヌスはちよつと洒落た言ひ方    気
   花万朶散らさぬやうに喇叭吹く     り
        労働祭の原宿の朝          を
ナオ 春眠の我が身を過ぎる砂嵐       窮
    駱駝の揺れにやうやく慣れて     だ
   現場から凶器の南部風鈴が       恵
    中継車には冷房もなく        篠
   いふなればリレーの補欠的な人     気
    エントロピーのありありと見え    り
      ほろ苦き我が家秘伝の熱冷まし     を
    蒲団の襞をなぞる後朝        窮
   ウェディングドレスはなんと森英恵   だ
    バルセロナへと向かふ秋蝶      恵
   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り
    生まれるたびに違ふ水紋       恵
   小礫にカンブリア紀を眠らせて     を

篠さん、雑、あるいは春を、お願いします。
 

ははは

 投稿者:4号@苑をメール  投稿日:2011年11月22日(火)00時30分31秒
編集済
  って笑ってる場合かよ、ですね。
手直ししたら減っておりましたのです。

小礫にカンブリア紀を眠らせて    を

礫(つぶて)でお願いします。

 

4号@苑をさん、どうもです

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月21日(月)23時25分35秒
  素敵です。

でも、もうすこし長めでお願いします。
 

青空33

 投稿者:4号@苑をメール  投稿日:2011年11月21日(月)23時01分36秒
  ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り
    生まれるたびに違ふ水紋       恵
   小石にカンブリア紀を眠らせ      を

お捌きください。
 

渋い!

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月21日(月)00時44分13秒
  っすね。

たいへんよろしいんじゃないでしょうか。


   青空を怖いとおもふ花野かな      篠
    あふむきのまま澄める日月     天気
   自転車で行く地の果てに秋果てて  ゆかり
    今宵のあれはE.T.の影      苑を
   着信の音に栗の実とり落し      痾窮
    四本の手が鍵盤の上       らくだ
ウ  天窓を虹はみ出して絡まつて      恵
    逢瀬のたびに渡る吊り橋       篠
   山寺へ性の奥義を教はりに       気
    蛸入道の口も八丁          り
   弾丸よりも早く走つてどこへ行く    を
    父母ゐますクリプトンまで      窮
   訛つてもええやないかと冬の月     だ
    みかん輪切りの仕出し弁当      恵
   サイコロを振る一の目を願ひつつ    篠
    アヌスはちよつと洒落た言ひ方    気
   花万朶散らさぬやうに喇叭吹く     り
        労働祭の原宿の朝          を
ナオ 春眠の我が身を過ぎる砂嵐       窮
    駱駝の揺れにやうやく慣れて     だ
   現場から凶器の南部風鈴が       恵
    中継車には冷房もなく        篠
   いふなればリレーの補欠的な人     気
    エントロピーのありありと見え    り
      ほろ苦き我が家秘伝の熱冷まし     を
    蒲団の襞をなぞる後朝        窮
   ウェディングドレスはなんと森英恵   だ
    バルセロナへと向かふ秋蝶      恵
   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り
    生まれるたびに違ふ水紋       恵

苑をさん、雑(無季)でお願いいたします。

 

青空32再び

 投稿者:  投稿日:2011年11月19日(土)11時46分6秒
     ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り

    生まれるたびに違ふ水紋       恵

くーっ、苦労の末。いかがでしょうか。
 

ありがとうございます。

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月18日(金)08時58分53秒
  気づかずに、すみません。
そちらにサシカエましょう。

   青空を怖いとおもふ花野かな      篠
    あふむきのまま澄める日月     天気
   自転車で行く地の果てに秋果てて  ゆかり
    今宵のあれはE.T.の影      苑を
   着信の音に栗の実とり落し      痾窮
    四本の手が鍵盤の上       らくだ
ウ  天窓を虹はみ出して絡まつて      恵
    逢瀬のたびに渡る吊り橋       篠
   山寺へ性の奥義を教はりに       気
    蛸入道の口も八丁          り
   弾丸よりも早く走つてどこへ行く    を
    父母ゐますクリプトンまで      窮
   訛つてもええやないかと冬の月     だ
    みかん輪切りの仕出し弁当      恵
   サイコロを振る一の目を願ひつつ    篠
    アヌスはちよつと洒落た言ひ方    気
   花万朶散らさぬやうに喇叭吹く     り
        労働祭の原宿の朝          を
ナオ 春眠の我が身を過ぎる砂嵐       窮
    駱駝の揺れにやうやく慣れて     だ
   現場から凶器の南部風鈴が       恵
    中継車には冷房もなく        篠
   いふなればリレーの補欠的な人     気
    エントロピーのありありと見え    り
      ほろ苦き我が家秘伝の熱冷まし     を
    蒲団の襞をなぞる後朝        窮
   ウェディングドレスはなんと森英恵   だ
    バルセロナへと向かふ秋蝶      恵
   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り

「指のダシ」。ちょっと、やりすぎ感があるので、
ますます鎮静化が必要ですね。
 

しまった

 投稿者:ゆかり  投稿日:2011年11月18日(金)07時59分50秒
  名残表に「ほろ苦き我が家秘伝の熱冷まし を」がありましたね。どうしましょう、「おとうとの秘伝のだしのちやんこ鍋 り」…。

おとうとの指でだし取るちやんこ鍋   り

 これで、いかがでしょう。

 

思考中

 投稿者:  投稿日:2011年11月17日(木)17時42分55秒
  むーん、加減の難しいことばかり言いよりますなあ。
確かに口紅は恋が漂いますねえ。
暴れないようにとなると、鬼太郎とか内藤やす子なんかも避けたいところですね。
ちと考えます。しばしお待ちを。
 

恵さん、どうもです

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月17日(木)16時56分35秒
  口紅の跡って、どうしても、恋が漂いますよね。
ええっと、大団円へと向かう名残裏で恋を出すと、ちょっと話の展開がむずかしくなるのです。

もういっちょ行きましょう。

で、前句からの距離の遠近に留意するよりも、
付句自体、あまり暴れすぎないようにしてもらえると、いいと思います。

あと、前句は、前々句の「部屋」から「ちやんこ鍋」という付け筋ですから、
相撲にまつわる付け筋は避けてください。
 

青空32もういっちょ

 投稿者:  投稿日:2011年11月16日(水)13時05分49秒
  遠くへ行過ぎましたか。では気を落ち着けて。

   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの秘伝のだしのちやんこ鍋   り

    白木の枡に口紅の跡         恵

これならどうでしょ。直前とちょっと近い気もしますが。
 

恵さん、どうもです

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月16日(水)07時39分41秒
  名残裏(最後の六句)に入ったので、流れを落ち着かせる方向がよいです。

もういっちょ、別のを誂えていただけますか。
 

青空32

 投稿者:  投稿日:2011年11月15日(火)15時22分25秒
     青空を怖いとおもふ花野かな      篠
    あふむきのまま澄める日月     天気
   自転車で行く地の果てに秋果てて  ゆかり
    今宵のあれはE.T.の影      苑を
   着信の音に栗の実とり落し      痾窮
    四本の手が鍵盤の上       らくだ
ウ  天窓を虹はみ出して絡まつて      恵
    逢瀬のたびに渡る吊り橋       篠
   山寺へ性の奥義を教はりに       気
    蛸入道の口も八丁          り
   弾丸よりも早く走つてどこへ行く    を
    父母ゐますクリプトンまで      窮
   訛つてもええやないかと冬の月     だ
    みかん輪切りの仕出し弁当      恵
   サイコロを振る一の目を願ひつつ    篠
    アヌスはちよつと洒落た言ひ方    気
   花万朶散らさぬやうに喇叭吹く     り
        労働祭の原宿の朝          を
ナオ 春眠の我が身を過ぎる砂嵐       窮
    駱駝の揺れにやうやく慣れて     だ
   現場から凶器の南部風鈴が       恵
    中継車には冷房もなく        篠
   いふなればリレーの補欠的な人     気
    エントロピーのありありと見え    り
      ほろ苦き我が家秘伝の熱冷まし     を
    蒲団の襞をなぞる後朝        窮
   ウェディングドレスはなんと森英恵   だ
    バルセロナへと向かふ秋蝶      恵
   ジプシーに百年前と同じ月       篠
    虚実の格差身に入む部屋に      窮
ナウ おとうとの秘伝のだしのちやんこ鍋   り
    鬼太郎の下駄マッハで遁走      恵

いかがでしょうか。
お捌き下さい。
 

ゆかりさん、どうもです

 投稿者:天気メール  投稿日:2011年11月15日(火)03時37分23秒
  よろしんじゃないでしょうか。冬っぽいすね。

では、次は、恵さん。雑(無季)でお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/29