投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


JA全農チビリンピック東北大会

 投稿者:5年生親  投稿日:2018年 3月 3日(土)20時45分6秒
返信・引用
  本日、チビリンピック東北大会の予選リーグを行い、1敗1引分けの2位で辛くも予選突破することができ、明日の決勝トーナメントへ駒を進めることができました。
試合の詳細は、以下の通りです。

第1試合 vsスポルティフ秋田(秋田第1代表)
1ピリ 0ー3
2ピリ 2ー0
3ピリ 1ー0
合計  3ー3
この対戦の前にスポルティフ秋田は、既に1敗しており、がむしゃらに点を取りにくることが予想されていました。
1ピリは、その気迫に気圧されたのか、立ち上がりから動きの固さやミスなどにより、立て続けに得点を許し、悪い流れのまま2ピリヘ。
2ピリは、前半は押し込まれる場面が多かったのですが、一発のシュートが流れを変えました!この一点を境に主導権を握り、サイドアタッカーのドリブル突破を中心として攻勢に試合を運ぶ。終盤には、GKのパントキックからロングカウンターとなり、単独で抜け出し追加点。1点差としました。その後の守備は4年生のディフェンスラインが危なげなく、きっちり守りきりました。
3ピリは、序盤から押し気味に試合を運び、ついに同点。その後も何度か決定機があり、優位に試合を進めるものの追加点はとれず、引き分けとなりました。

第2試合 vsベガルタ仙台(宮城第2代表)
1ピリ 0ー0
2ピリ 0ー3
3ピリ 1ー0
合計  1ー3
決勝トーナメントには、5点差以上で負けない限り進めるのですが、抜群の攻撃力を誇るベガルタは、前の試合に6ー0で勝利しているので予断を許さない展開となりました。
1ピリは、押し込まれる場面もありましたが、逆に得点チャンスもあり、一進一退の攻防が続きました。
2ピリは、圧倒的な攻撃力の前に防戦一方となりました。4年生を中心とした守備陣はよく踏ん張ってくれましたが、ベガルタは攻撃の主力メンバーが集中しており、一枚上手でした。随所でカウンターを試みましたが、固い守備に阻まれました。
3ピリは、お互いにベストメンバーでの対戦となり、強豪相手に一進一退の攻防が続きました。打開したのは、やはりエース。相手のスローインを前線からの積極的なプレッシャーで奪い、中へ折り返し、走り込んだ司令塔がうまく合わせてシュート。一矢報いることができました。得点後は守備陣がしっかりと集中した守備をみせ、このピリオドは0封することができましたが、1ー3で試合終了。善戦したものの、やはり強かった(^o^;)

ということで、辛くも明日行われる決勝トーナメントへの進出を果たしました。初戦の相手は、桑野sss(福島第1代表)となりました。
今日は敗れはしたものの、明日に繋がるいい試合ができたと思います。なんとかあと2つ勝って、全国への切符を手にして欲しいです!応援よろしくお願いします!
 

第28回バーモントカップ

 投稿者:5年生親  投稿日:2018年 2月17日(土)16時11分38秒
返信・引用
  本日、第28回バーモントカップに参加してきました。
結果は、
予選Fリーグ1位通過
決勝トーナメント1回戦敗退
残念ながら、明日のベスト8以降の試合には進むことができませんでした。
試合結果は以下の通りです。
予選Fリーグ 第1試合
 vs月ヶ丘 3ー1
予選Fリーグ 第2試合
 vs釜石ロビン 10ー1
決勝トーナメント1回戦
 vs胆沢 0ー1

悔しい結果となりましたが、すぐにチビリンピックの東北大会も控えています。気持ちを切り替えて、次に臨んでほしいです。

ご指導いただいている監督、コーチならびに雪の降りしきる中、応援してくださった方々、ありがとうございました。また、大会を運営してくださったスタッフの皆様、大変お世話になりました。

 

お疲れ様でした

 投稿者:サポーター  投稿日:2018年 1月 7日(日)18時02分56秒
返信・引用
  回答ありがとうございます。
遠路、強者相手にお疲れ様でした。
 

Re: 教えて下さい

 投稿者:2年生親  投稿日:2018年 1月 6日(土)08時17分44秒
返信・引用
  サポーターさんへのお返事です。

> 誰か2018支部大会の様子を教えて下さい。
> ざっくりで結構なのでお願いします。
>
ざっくりですが、2勝2敗1分けとのことです
 

教えて下さい

 投稿者:サポーター  投稿日:2018年 1月 5日(金)09時19分6秒
返信・引用
  誰か2018支部大会の様子を教えて下さい。
ざっくりで結構なのでお願いします。
 

JA全農チビリンピック岩手県大会

 投稿者:5年生親  投稿日:2017年11月23日(木)19時15分57秒
返信・引用
  本日行われたJA全農チビリンピック岩手県大会にて、新人戦に続き、優勝することができました。
試合の詳細は下記の通りです。

1回戦VSグルージャ
1ピリ:0ー0
2ピリ:0ー1
3ピリ:1ー0
合計:1ー1(PK3ー2)
いつもどおり立ち上がりが悪く、1ピリで0ー0。
2ピリでは、攻勢に試合を進めていましたが、相手エースの突破からクロスに合わせられ1失点。3ピリでも攻勢に展開するも得点できないままでしたが、コーナーキックからエースの価千金のヘッドで同点。辛うじてPKに持ち込んだ。PKではエースがキーパーも兼務し、ここでも1本きっちり止めて勝利を引き寄せました。

準決勝VS太田東
1ピリ:3ー0
2ピリ:0ー0
3ピリ:0ー0
合計:3ー0
1回戦の辛勝後のコーチ陣からの檄が効いたのか、出だしから得点を重ね、終始危なげなく試合を進められました。

決勝VSミルマエ
1ピリ:0ー0
2ピリ:0ー2
3ピリ:0ー0
合計:2ー0
決勝戦は昨年の優勝チームミルマエさん。リベンジを果たすべく、気合いを入れて臨みました。1ピリは得点こそなかったものの、攻撃の場面が多くありましたが、相手のカウンターを狙ったロングボールに苦しめられました。2ピリに入るとボールも回りだし、早い時間で1点目。2点目は司令塔のドリブル突破からそのまま持ち込んでシュート。いい流れのまま3ピリへ。3ピリでも前半はよくボールが回り、得点こそなかったものの連携からの突破など久しぶりにらしさを出してくれました。

新人戦に続きタイトルを獲得することができ、選手の皆さん、本当におめでとう。この勢いで東北大会でも暴れてきましょう!

本日大会を主催いただきましたJA様、関係者の皆様、ならびに会場設営いただいたスタッフの方々、ありがとうございました。心より感謝致します。
 

Re: 第35回岩手県少年サッカー新人大会・最終日

 投稿者:6年生親  投稿日:2017年11月12日(日)21時45分45秒
返信・引用
  新人戦メンバーの皆さん、優勝おめでとう御座います\(^o^)/

1年前のことを思い出します。
1年はあっという間に過ぎるもので… 5年生の皆さんもこれからの1年で色々な大会に出場すると思いますが、1試合1試合を大事に、そして仲間を大切にまたみんなで頑張って下さい。

次のステージに向け歩み始めた6年生は本日TRがあり、殆どの子が応援に駆け付けることは出来なかったと思いますが、みんなヴェルディの活躍に喜んでいます。

父兄の皆さんも今晩は最高の盃を交わして余韻に浸って下さい。
おめでとう御座います!!
 

第35回岩手県少年サッカー新人大会・最終日

 投稿者:5年生親  投稿日:2017年11月12日(日)13時10分27秒
返信・引用
  本日は準決勝と決勝が行われ、ヴェルディが見事優勝を果たしました。

準決勝:VSミルマエ
いつも通り、立ち上がりが悪く、何度もピンチを迎えました。なんとか1点をとると、その後は一進一退の攻防となりましたが、先制点を守りきって勝利することができました。
前半1ー0
後半0ー0
合計1ー0

決勝:VSGrows
コーナーキックから先制され、その後も守りの時間帯が続きましたが、ここ一番というときに頼りになるエースストライカーがゴールをこじ開け、勝利をもぎとりました。
前半2ー1
後半0ー0
合計2ー1

ご指導頂いている監督・コーチ、応援いただいた保護者の皆様ならびに、現地まで来てくれた6年生、ありがとうございました。また、大会を運営してくださったスタッフの皆様、たいへんお世話になりました。
 

第35回岩手県少年サッカー新人大会

 投稿者:5年生親  投稿日:2017年11月11日(土)21時30分26秒
返信・引用
  先週行われた予選リーグを全勝で1位通過し、本日は天候不良の中、決勝トーナメントに出場しました。
結果としましては、本日も全勝し、ベスト4進出を果たすとともに、23日に控えるチビリンピックへの出場権も獲得しました。試合の内容は以下の通りです。
第1試合:VS胆沢
土グラウンドに加え、朝方に降った雨の影響でグラウンドの所々に水溜まりがあったため、パスの精度が落ちました。初戦の緊張もあってか、1点先制したあと、今大会通じて初の失点となりました。しかし、後半は落ち着きを取り戻し、一気に突き放しました。
前半1ー1
後半3ー0
合計4ー1
第2試合:VSアントス
天候が悪化し、強風と雨が降る中での試合となりましたが、終始押しぎみに試合を進め、見事に勝利しました。
前半2ー0
後半0ー0
合計2ー0
第3試合:VS太田東
試合前には雨に時おりみぞれが混じり、風も強まるなど、天候不良のままで一抹の不安を抱えたまま3試合目を迎えました。しかし、開始早々に1点目をあげ、その後も追加点を量産し、心配も杞憂に終わりました。
前半2ー0
後半3ー0
合計5ー0

明日はいよいよ準決勝・決勝です。連覇を目指し、精一杯がんばりますので、応援のほどよろしくお願いいたします。
 

受け継ぐ者たちへ…

 投稿者:YNWA  投稿日:2017年11月 5日(日)21時11分41秒
返信・引用
  U12の全少、U15の高円宮杯お疲れさまでした。
それぞれ3年生の皆さんは、次のステージに向けて再スタートとなります。そんな皆さんに向けて、先輩たちが活躍した.高校サッカー選手権の話題をお伝えします。

本日、岩銀スタジアム(盛岡南公園球技場)にて、第96回全国高校サッカー選手権岩手県大会決勝戦が行われました。
両校の中心選手には、ヴェルディ岩手OBが多くおります。盛岡商業高校の先取点を決めた添田選手。遠野高校キャプテン高原選手、最終ラインの要、遠山選手。中盤で盛商の攻撃の芽をことごとく摘んだ佐藤選手。途中出場ながら前線で何度もチャンスをつくった鈴木選手。
一進一退の決勝戦を制した遠野高校と、最後まで諦めずゴールを目指した盛岡商業高校の試合は、近年稀に見る好勝負だったと思います。

試合後、高原選手と添田選手がお互いの検討を讃え合う姿が見られました。今は敵ながら、小学3年生から一緒にボールを追った仲間として、なにか交わす言葉、思いがあったのだろうと思います。
あの頃からこの世代の選手たちを見続けてきたひとりとして、今日の試合は本当に感慨深いものがありました。本当に感動をありがとう。

決勝戦には届きませんでしたが、両校の他にも多くのヴェルディOBの皆さんが活躍していました。次の世代を担うU12、U15の皆さんの中から、次の高校サッカーの主役が生まれてくることを大いに期待しています。

今まさに新人戦も始まり、次へとヴェルディサッカーが受け継がれていくことと思います。岩手のサッカーシーンを盛り上げていくのは皆さんです。毎日のトレーニングを、監督・コーチの指導をしっかり体得し、これからもサッカーを楽しみつつ、チカラをつけていきましょう。
 

/86